清藤 久議

清藤 久議

独学でプログラミングを学び、プログラマー・システムエンジニアの個人事業主として独立。その後、セグウェイをはじめとする電動スクーターの輸入転売を行い、某有名テレビ番組に取り上げられるなどの経歴を持つ。しかし、その後の二度の事業で失敗してしまい5000万円以上の借金を背負うも、持ち前のプログラミング力と発想力で、リスクがほぼない副業の仕組みを作り上げ、借金をすぐに完済。現在は会社経営を行いながら、だれもが自分と同じようにお金を稼ぐことができるよう、手法のノウハウ化や独自のツールを作り出し、再現性の高い副業で多くの人の生活を豊かにしている人物として、最も注目を浴びている。