暮らしやすさNo.1!オークランドの魅力

暮らしやすさNo.1!オークランドの魅力

こちらは冬真っ只中。例年より気温が低く寒いオークランドです。

本日は、このオークランドに住み始めて25年が経つ私から、オークランドの魅力を「投資したい人向け」「暮らしたい人向け」にご紹介していこうと思います。

オークランドの物件が投資家にオススメな理由

オークランドの物件が投資家にオススメな理由

オークランドでは、賃貸物件に住む人口が多くなってきており、低所得者用の物件も多くあります。

そんな中、近年は「ヘルシーホーム」という形で住宅の設備を強化し、暖房設備・換気・断熱材設定・火災報知器を絶対的に整える基準があります。

物件オーナーさん達にとっては少々頭の痛い話ですね。設備が整っていなかったり、設備があるが古くなってきているので追加で修復すると出費も多くなってきています。

しかし、所有物件を「ヘルシーホーム」な状態に保つことには、オーナーさんにとっても重要な意味があります。

ヘルシーホームであることの重要性

物件がヘルシーホームであるということは、住んでいる人が快適な暮らしを送れるということです。

そうなれば、そこに住んでいる人はあまり引っ越しをしようとせず、長期間滞在してくれるでしょう。

オーナーさんにとっては確実な家賃収入が入ってくることにつながりますね。

一時は出費がありますが、元々それはメンテナンスの一環であり、必要なことです。

ヘルシーホームが保たれていない場合

設備が不足していて住みにくい家ですと、住人は長期滞在はしてくれず、出ていってしまう可能性が高くなります。

そうなると、次の居住者やテナントを決めるまで、インカムゲインが得られない期間が生じてしまいますね。

さらに不動産屋の手数料については家主側の負担になりますので、頻繁に借り手が変わることは、オーナーさんにとってあまり良いこととは言えません。

つまり、ヘルシーホームを保ちメンテナンスをしっかりと行うことで、住人に長く住んでもらうことができ、不動産屋への手数料も節約できるのです。

オークランドの住宅事情

このヘルシーホーム規定は、住む人が人間らしい生活ができる基礎を作り上げていくための決まりであると同時に、家主が長期的家賃収入を得る鍵でもあり、皆がハッピーになれるよう整えている仕組みだと感じます。

一方で、オークランドでは価格の高騰によりマイホーム所有が実現せず、賃貸物件への居住を余儀なくされる人が多いという住宅事情があります。

これらの理由で、投資家の視点から見ればオークランドは良いマーケットなのです。

オークランドが暮らしやすい4つの理由

オークランドが暮らしやすい4つの理由暮らしやすい都市ランキングでは、毎年上位に並ぶオークランド。

コロナ禍の中で安全性も世界に知られることとなり、暮らしやすい都市1位を獲得しました。

この地に住んで早25年が経ちますが、オークランドには様々な魅力があると感じています。

大都市との比較

日本の東京や大阪、お隣のオーストラリアのシドニーやメルボルンの街と比べますと、オークランドはのどかで住みやすい土地です

30分ほど車で走れば海や山に着き、自然と触れ合うことができるのです。

近年は人口が増加し、高速道路などで車の渋滞がきつくなったり、オークランドセントラルは空気が悪いと言われることもあります。物価も2倍に跳ね上がり、昔を知る者としてはだいぶ都会になったものだと思います。

それでも、前述のような他の都市を旅したあとにオークランドに戻ってくると、心からホッとするような豊かさ、のどかさがあるのです。

おおらかな国民性

オークランドを豊かでのどかだと感じる理由の一つは、人々がせかせかしておらず、おおらかなことです。

自分のせいで壊した品物や落とした食材であっても、ホームセンターやカフェの店員さんは、新しいものに交換してくれます。

「弁償しなさい」「追加料金いただきます」などと言われることはありません。むしろ「怪我しなかったか?大丈夫か?」と気遣ってくれます。

日本にもそういうシーンはあるかと思いますが、オークランドでは何事もNo problem=ノープロブレムという言葉が出てくるのです。

もちろん、おおらかさゆえの歯がゆさも多々感じます。

時間になっても、届かない品物。陳列している品物も、ほこりがかかっていて、これは売り物か?と思うことがあります。

しかしそれも、この地で暮らしていると「ノープロブレム」となるのですから、不思議ですね。

豊かな国際色

オークランドは移民の多い街ですので、国際色が豊かであることも魅力です。

お国によって習慣も異なり、文化も異なるゆえ、時間のペース、価値観の違いに迷わされることもありますが、世界中の人と巡り合うことができ、海外旅行しているような面もあります。

各国の文化の祭典が開催されたり、さまざまな国の食を味わえたりと、オークランドの街では様々な国の文化と接することができます。

海外旅行に行けない今、この国際色豊かな雰囲気は非常に重宝しています。

コロナ禍で感じたショッピングの利点

私はいつも海外旅行に出る際、免税店で化粧品を買います。そのため、よっぽどのことがない限り、街の中では化粧品を買いません。

しかし、今は自由に海外へ行くことが出来ないため、私は街のデパートへと化粧品を買いに行きました。

するとなんと、エルメスの新しい口紅の広告が出ているではありませんか!早速カウンターへ行き、試供品を確認して、口紅を2本買ってしまいました。

免税ではないので多少お値段は張りますが、海外ブランドの新作コスメをすぐに手にすることができましたし、パリへの交通費を使うことを思えば安いものだ!と自分で言い聞かせております。

(ちなみに、エルメスの口紅使うのは初めてで、特にエルメスにこだわったわけではないのですが、広告のキャッチにひっかかりつい買ってしまいました。)

そして、オークランドでは最近、日本製のドラッグストアの開店が多くなってきました。化粧品をはじめ、薬、おむつ、化粧品、雑貨、食品など、いろいろなものが販売されています。

このように、オークランドの街を歩けば、日常生活の中で使っていた日本製の品物は一通り手に入ります

流通の進歩に加え、恐らく中国系の人達が日本製品を求めているので、オークランドのお店でも輸入し、販売しているのでしょう。価格は2倍~3倍ほどになりますが、どうしても日本製品を使いたいので、手に入ることに感謝と思いながら購入しています。

日本国内で販売されているヨーロッパやアジア系の商品を、我々日本人が好んで買うのと同じように、ニュージーランドでは日本製の商品に人気があり、日本現地の2~3倍の値段でも飛ぶように売れているのです。

オークランドの魅力まとめ

オークランドの魅力まとめ

ここまでご紹介してきたように、オークランドは

  • 国際都市として活気がある
  • お金さえ出せば国外のものも幅広く手に入る
  • 自然豊富な街で、人々の暮らしがゆったり流れている

などの魅力があります。

日本の皆様にも、このオークランド、ニュージーランドが暮らしやすい都市一位である理由を知っていただき、ご自身の住む場所や、投資物件の候補として、取り入れていただければと思います。
アセットキューブ公式コミュニティ