あなたの未来を明るくするスルガショック後の金融事情とは│お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

金融事情

こんにちは、鈴木優平です。
この記事では『スルガショック後の金融事情』についてお話しさせていただきます。

ちょっと前に起こった、スルガ銀行の不正融資のニュースを覚えていますか?

シェアハウス、かぼちゃの馬車、スマートデイズなど、こういったキーワードであなたも見聞きしたと思います。その事件によって、金融事情が大きく変わった部分があります。

何が変わったのかというと、今まで年収が600万700万円くらいの方々が1億円2億円のアパートローンを組むことができたのですが、実はこれ、改ざんされた内容で融資をつけていたからなんです。

無理やりつけた融資は、借りる側の年収で考えると大きな背伸びをしているため、とても負担が大きいのはわかりますよね。そうなると当然、金融庁も怒って融資幅を狭めます。

そのため今では、年収600万、700万の方々が1億、2億の物件を購入することは現実的にかなり難しく、ほぼできない状況になっております。

そんな話が出た数ヶ月後にはレオパレスの問題が出たり、直近の話では住宅ローンを使って投資マンションとして貸し出すなどの問題も出てきました。

同じ業界として非常にお恥ずかしい話です。
色々な不正の話が出ているので当然、融資の締め付けに関する問題がこれからも出てくると思います。

アパートローンや一棟マンションを買おうとして大きな金額を借りるようと考えている方は、今は残念ながらほとんどの方が融資を受け取ることができないでしょう。相当な資産を持っている方でなければ融資は厳しい状況です。

融資を締め付けられても未来は明るい?

金融事情
日本に関しては、お金を銀行に預けても増えない国ですから、逆にいえば融資をうまく使えれば資産を増やせるというような国の事情ではあります。

借りたいという方も非常に多くいらっしゃいますが、都内のワンルームマンションの融資は現在において現場からしても厳しい状況ではありません。

ただし、新築のマンションは非常に金額も高くなっています。ワンルームのマンションもファミリーマンションと同じくらいの値段になっている場合があるくらいです。

そういった需要を考えて、オーナーさん観点でいえば融資の締め付けはちょっといい方向にいくと思っています。

例えば、4000万円の新築マンションを金融機関が「3800万、3700万の融資しかできません」となれば新築の物件の金額も下がってきます。

その際、融資の締め付けは、買いたい方には買える状況がありながらも、買う物件の値段が下がる状況が実際に生まれています。

今の金融状況は逆にチャンス!

金融事情
投資不動産を販売する側としても、引き締めというものが全部悪い方向に働くのではなく健全に働いていると考えていただきたいです。

なので実際に今の段階で買える物件とは、ちゃんと銀行が「あなただったらこの物件を買っても大丈夫」と判断した上で融資を受けられます。

そういう意味ではプロの目線を使った第三者の判断で、太鼓判を押してくれたから買えたとなっています。

騙されない不動産投資をする意味では、スルガ銀行を始めとした、金融の変わってしまった状況というのはチャンスだと捉えていただきたいと思います。

ファンダメンタルに影響されて、人は気持ちで投資というものに向き合い動いてしまう部分もあると思いますが、「ピンチはチャンス」だという言葉はあなたが投資に対して後ろを向いているときに自分自身に問いかけてほしいですね。

「自分は前を向いて、何をチャンスと捉えるのか」と見ていると、うまく資産形成できるものを見つけることが出来ると思います。

今の金融事情の中で、実際にまだ融資を組んだことがないのであれば、「今チャンスが向いているかもしれない」と、ひとまず「かもしれない」くらいのところからで構いませんのでそのチャンスをぜひ見てください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


友だち追加

▼LINE ID: