今こそニュージーランド不動産を購入するべき理由|一色良子のニュージーランド移住日記

こんにちは、一色良子です。

今回は「今こそニュージーランド不動産を購入すべき理由」というテーマで、お話していきたいと思います。

激戦状態のオークランド不動産

ついに、オークランド不動産の平均販売額が、110万ドルを越えました。

ただ、あくまでも平均なので、110万ドル以下もあれば、その上もあります。

例えば、学区が良くて海が見える家だと、200万ドルが平均で、本当に良い家だと思う物件は、平均300万ドル台へと突入しました。

ファーストホームバイヤーがマイホームを持つのは厳しいですが、それでも頑張ってローンを組み、何とか小さいながらも一戸建ての家を購入しようと週末オープンホームに訪れています。

彼らのターゲットは、2ベットルームで100万ドル以下、80万ドル前後の物件。

また、平屋一戸建ての物件だと、リタイヤメントカップルがターゲットになります。

リタイヤメントホームへはまだ行きたくない夫婦やシングルの人達が広い家を売って、2ベットルームに移動してくるのです。

資金的には、リタイヤメント組のほうが現金を持っていることが多く、ファーストホームバイヤーはギリギリの予算でオークションへ参加します。

勝敗は、リタイヤメント組が勝つ割合が高いのですが、若いカップルも負けておらず、頑張って競い合う人もいます。

学区が良い物件は、将来の子供のことを考えて若いカップルに人気です。

一方でリタイヤメント組は、学区は関係ないので、それを度外視して少しでもお得な地域に行く人もいます。

しかし、学区が良いと、利便性や環境も必然的に良くなるので、それを知っているリタイヤメント組みも若いカップルと同様に、学区が良い物件の購入へと踏み切るので、激戦区となるわけですね。

今こそニュージーランド不動産を購入するべき理由

ところで、私がニュージーランドに移住してきた頃は、15万ドルも出せば古い一戸建てが買えましたが、新築のシティーアパートメントはワンルームマンションでした。

私はどうしても古い家、湿気臭い家を買う気にはなれませんでした。

そのため当時、15万ドルのワンルームマンションや25万ドルの新築アパートメントなど、「新築」にこだわっていましたが、今となっては後悔しています。

というのも、開発会社から少し割引をしてもらえるというメリットを活かし、まだ現物が建っていない図面上の資料とイメージ写真を見て、綺麗な最新式の設備に惹かれて投資していったのです。

しかし、当時敬遠していた古くて湿気臭い土地付き建物の価値上昇幅は、半端ではありませんでした。

昔からオークランドの人達は、「バッチ」と称される別荘を地方に購入し、夏休みや冬休みを利用して、その別荘に家族で旅行をするのです。

掘っ立て小屋のような質素なものもあれば、それなりにゴージャスなものもあります。

そういった別荘をオークランドから2時間ほどの地域で買っていた人は、その後、高速道路が発達したりコンクリートの道が補装されたので、今となっては通勤圏になっているケースもあるのです。

そのセカンドハウス=別荘の価値が上がり、投資運営としても成功しています。

自分の家のほかに投資用物件を数軒持ち、老後に備える。
若い世代も、親に頭金の10%を出してもらい、90%住宅ローンを組んでマイホームを買う人も多かったです。

最近の傾向は、将来を見据えて親が子供のために、結婚後の家として物件投資を購入し、子供に託すというケースが増えていますが、羨ましい話ですよね。

ニュージーランド人は、少しまとまった資金があれば、ローンを組んで数軒不動産投資をします。

そしてキャピタルゲインを受け取り、さらに複数の物件へと投資をして、最後に値上がりしたと思った時期にどれかを売って、ローンなしの状態にするのです。

自己居住の家と、投資用の物件(ローンなし)を1~2軒持っていれば、老後は安泰というわけですね。

最近では、敷地内にもう一つ家を建て、その家賃収入を当てにして、老後の生活費に回すという仕組みも使っている人が中国系、インド系に多いです。

もともと親子3世代同居で大きな家に住んでいる場合や、二世帯住宅の場合、親世代が亡くなったり、ケアホームへ移動すると1軒空き家になりスペースが余ります。

その家を孫の世代が成長するまで人に貸して、収入を確保する一方で、銀行に資金を預けて金利で運営していくということは、あまり一般的ではありません。

というのも、ついにニュージーランドも低金利へと突入したからです。

私が移住した頃は金利12%でしたが、そこから10%、8%、6%と、徐々に下がり、今は1%を切っています。

そういった背景もあり、不動産投資は根強い人気を集めているのです。

私の顧客で、現金500万ドルを持っている方がいましたが、当時は金利5%の時代だったので、銀行にお金を預けているだけで年間25万ドルの収入を確保できていました。

その方は65歳以上だったので、年間25万ドルに加えて年金も受け取り、悠々自適に生活していたんですね。

しかし、金利が3%に減り、ついに1%を切った今年、不動産投資に切り替えたいということで、相談に来られました。

不動産投資は毎月家賃収入が入るので、資金を使いやすいです。

5年単位で所有すれば、値上がり幅も大きく期待できるので、少し安心したとおっしゃっています。そして今、投資物件の模索をしているところです。

ニュージーランドでは、マイホーム購入へと踏み切れない人も多いですが、銀行のローンを利用できるのであれば、ぜひチャレンジしていただき、賃貸物件から脱皮することを強くおすすめします。

「ローンが払えるかしら?」という不安は「家賃が払えるかしら?」という不安と同じです。

もちろん家賃が払えなくなれば、出ていかないといけません。

賃貸物件に住んでいる人は、何年も家賃を払い続けているはずです。

それができるのであれば、同等レベルの支払いのローンで買える家を選び、他人のローン支払いの手伝いをするのではなく、自分のために使うことをおすすめします。

「もう価格が頂点になって手が出ない…」と思う方もいるかもしれませんが、まだまだニュージーランドの不動産価格は上昇の途中です。

だからこそ、ぜひニュージーランドの物件購入を検討してみてくださいね。

アセットキューブ公式コミュニティ