コロナ感染者「ゼロ」のNZ、帰国ラッシュで不動産業界が好調!|一色良子のニュージーランド移住日記

こんにちは、一色良子です。

コロナ禍が与えた経済的ダメージは大きく、世界各国では、その影響による失業者は今も増えています。

そんな中、徹底したコロナ対策のおかげで抑え込みが成功し、昔の日常が戻りつつあるニュージーランドは、不動産業界が「〇〇ラッシュ」のおかげで、今マーケットの価格が高騰しています。

ということで、本日のコラムではコロナを完全に封じ込めたニュージーランドの現状と、さらに好調になっている不動産業界についてご紹介していきます。

〇〇ラッシュで絶好調な不動産業界

不動産業界
コロナの封じ込めに成功したものの、ニュージーランドでも失業率は高くなっています。

ワーキングホリデーや学生アルバイトの安い労働が使えなくなっている業種では、農業の労働力不足、飲食店のアルバイトがいないために、休日を増やしたり完全に一時休業を試みる店も出てきています。

衣料品店・趣味の店も苦しい経営状況が続いていますが、その中でも一番苦しいのは観光業です。

外国からの観光客が見込めないため、航空会社やホテル業界は非常に苦しく失業者が増えています。

その一方で、不動産業界は好調です。

というのも、ニュージーランドは元々住宅不足だったのですが、海外に住むニュージーランド人の「帰国ラッシュ」によって、さらに住宅不足が進み、家の価格が高騰しています。

そのため、経営が苦しい観光業から不動産売買コンサルタントへの転職も増えています。
リーマンショックで景気が悪くなりセールスマンの退職が目立った時期もありましたが、今は徐々にブームが再燃しつつあり、この半年は特にセールスマンの人数が増えています。

また最近では、宅地造成(たくちぞうせい)による新築建設ラッシュも発生していて、若いセールスマンも増えてきました。

※宅地造成(たくちぞうせい)とは、森林や山林、農地、原野などの土地を住宅地にするにあたり転換整地をすること。

一方、金融機関にも変化があり、ニュージーランドの金利はついに1%以下になってしまいました。

これでは銀行に現金を預けていてもお金が増えることはありません。

しかしますし、住宅価格不動産投資は家賃収入で純利益が3%ほど見込めのキャピタルゲインも狙えるので、手堅い投資として人気が出てきています。

観光業が落ち込みニュージーランド全体の景気回復はまだまだ難しいですが、不動産業界はコロナも吹っ飛ぶ勢いで潤っています。

ニュージーランドがコロナ封じ込めに成功した理由

感染者ゼロ
コロナ禍によるロックダウンから約1年数カ月が過ぎ、先月からオーストラリアとの開港を再開し、ワクチン接種の目途も経ち、徐々に正常の暮らしに戻りつつあるニュージーランド。

最大の都市オークランドでは、ほぼ通常通りの生活が送れていて、ラグビー観戦や観劇もコロナ前と変わらない形で開催され、土日のパブも賑わっています。

その一方で、日本は現在もコロナを抑えられず、緊急事態宣言中ですよね。

なぜニュージーランドと日本ではここまでコロナ禍の状況に違いがあるのでしょうか。

ニュージーランドの成功は完全ロックダウンを実行し、一旦緩めても1人でも感染者が出たら更に経路がわかるまで何日でもロックダウンしたことです。

そして国民もこの厳しいロックダウンを守ったおかげで、今、通常の生活が取り戻せているのです。

確かに法令が発表された時は反発も多かったですが、今は観劇や飲食、旅行も制限はあるものの可能で守った甲斐はあったと思います。

感染者ゼロのニュージーランドの現状

オークランド
日本もリモートワークに切り替え、会社勤務の在り方が変化しつつあるようですが、元々ニュージーランドでは、中小企業が多く、ホームオフィスとして自宅兼事務所を持っている人が多いです。

そのため商業用物件オーナーにとっては、コロナ禍でさらに苦しい経営状態になってしまったと言えます。

すでにオフィス空間を無くしてズーム会議をしたり、宅配を利用して物品の交換をしたり、販売したりと工夫がされているので、あと数年もすれば、店舗なしのネット販売が主流になりそうです。

またニュージーランドでは、ハグやキスは挨拶する際に良く使われます。

この行為は家族以外の人とは自粛するように呼びかけられていましたが、今は通常に戻り、いつもの挨拶として、チークキスの嵐です。

病院に行っても、看護師や医師はマスクをしていません。

もちろん手術の時は完全防備ですが、普通の問診の場合は、白衣は着ずに普段着のままです。

日本では、飲食店で食べる時もマスクしてもらうように市の職員が説明に周っているとニュースで聞きました。

この話をニュージーランドの医療現場と比較すると、何を信じればいいのか分からなくなりますが、何よりもまずは日本でも「感染者ゼロ」を目指すべきだということです。

感染者がゼロの今のニュージーランドの姿を見て、ぜひ日本も改善する点を見出し、早く普通の生活に戻れることを願っています。
アセットキューブ公式コミュニティ