オリンピックが与える不動産価格への影響について|お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

オリンピック不動産

こんにちは、鈴木優平です。

この記事では、オリンピック後の不動産価格についてお話しします。

あなたは、「オリンピックが終わると不動産価格が暴落する」という話を聞いたことがあるでしょうか。

2020年と言えば東京オリンピックというほどのビッグイベントですし、その影響はみなさんも気になると思います。

実際にそのあたりの私の考えを教えてほしいというお声もいただきましたので、さっそくお話していきたいと思います。

オリンピック後の不動産価格はどう変化するのか

オリンピック不動産
まず結論から申しますと、オリンピックが終わったからといって不動産に直接大きな影響を及ぼすことはないというのが私の考えです。

その理由も含め、より具体的にお話ししていきますね。

まず、前年の2019年から、東京の賃料はワンルーム、ファミリータイプ、オフィスのいずれもドンドン上がってきています。

この要因としては、都心回帰の現象がより強くなってきたということが挙げられます。

企業としてはオフィスを、個人としては住まいを東京に設けようという人が増えたことで家賃が上がっていると考えられるんですね。

仮に、この需要が一過性のもので、いま東京で何らかの目的により不動産を必要としている人たちが一斉に郊外に出ていってしまったら、不動産の価格も下がってしまいますが、オリンピックが終わったからといって人が一気に郊外へ出ていく理由もないですよね。

だから、オリンピックが終わったからと言って無条件に不動産価格が暴落するということは考えにくいです。

市場状況に左右されない不動産投資のために

オリンピック不動産
実際、今の不動産市場の動きを観察していても市場状況の悪化サインはあまり見受けられません。

建築資材や人件費が高くなっている影響で新築不動産の価格は上がっていますが、その変化が落ち着くタイミングはあると思います。

しかし、不動産の価格そのものが根本的に下がることは考えにくいでしょう。

不動産投資をするにあたって、様々なリスクを考えることはもちろん重要なんですが、不動産自体が良いものであれば多少の市況の悪化はそれほど大きな影響にはなりません。

他の記事でも不動産を見極めるためのヒントをお話ししているので、そちらを上手く活用すれば資産価値を保ちながら不動産投資に取り組めると思います。まずはそちらをご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。


友だち追加

▼LINE ID: