不動産のプロが決める、住みたい街ランキング|お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラム

みなさん、こんにちは。
お金のパーソナルトレーナー鈴木優平の不動産投資コラムです。

今回は、いつもの記事とは少し内容を変えて、みなさんからご要望いただいた『私が思う住みたい、住んでよかった街ランキング』についてお話したいと思います。

住みたい街ランキングですと、SUUMOさんとかがよく出していますよね。

大手の不動産会社が出すランキングはアンケートなどをもとにしていますが、今回のランキングは、正直、個人的な傾向が強く反映されたランキングになります。

鈴木優平の住みたい街ランキング

住みたい街

 

住みたい、住んでよかった街の第1位は、「中野」です。

「中野」は実際に私が今住んでいる街なのですが、ここに決めて良かったと感じる部分が本当に多いです。

中野と聞くと、世間ではサブカルチャーの街というイメージが強いですが、実際はオシャレなお店や、子ども連れで行けるお店なんかも非常に多かったり、車に乗っている方であれば、東北道とか東名、中央道とかに出るのも非常に便利だったりします。

ちょっと外れると閑静な住宅街で、交通量も少なく、本当に住んでみるとこの街を離れられないと感じさせられるので、中野をナンバー1に挙げさせていただきます。

もう1つ別の観点で、住んでみたい、住んでよかった街を挙げるなら、「錦糸町」です。

私は千葉にずっと住んでいたんですけれども、千葉県民からすると錦糸町という街は非常に馴染み深い街なんですね。

錦糸町はこの10年間で、再開発が進みどんどんキレイになっています。

千葉の人間が頻繁に使う路線である総武線沿線にあるということもあって、錦糸町は”東の新宿”なんて言われているんです。

北口にはオリナスという最近できた複合施設が非常に便利だったり、南口の複合施設アルカキットには、赤ちゃん本舗とかそういったお店も非常に多かったりと、子育てに充実している街という面もあります。

さらに錦糸公園というすごく大きな公園もあって、土日なんかは家族連れで賑わっています。

ちょっと西を見れば、隅田川を渡って日本橋とか銀座とか、そういった界隈までタクシーでも1000円ちょっとで行けますし、総武線に乗れば、東京駅なんかも10分ぐらいで着いちゃいます。

交通の便も良いので、千葉県民からすると非常に住みやすい街だなという風に思っております。

実体験からランキング入りさせたい街をもう1つご紹介します。
それは、「吉祥寺」です。

吉祥寺はみなさんご存じのように、住みたい町ランキングで、常に1位になっているような街です。

私は吉祥寺から徒歩15分のところにも、住んだことがあるんですけど、中野に非常によく似た街だなと思っています。

吉祥寺は中央線沿線で、お酒を飲むようなお店ひとつとっても、街の出来上がりが中野に近いなと。

それに商業施設も非常に多くあって、商店街なんかも含めて、とても住みやすいと思います。

ただ、東京駅に出るのに多少距離があるので、交通アクセスの点を含めると中野の方が良いなと個人的には思ってしまいます。

家賃に関しては、吉祥寺の方が中野に比べて少し安くなっていますので、そういった意味では、自身のバランスだったり、現実的な面も含めて、吉祥寺が住みたい街ランキングで、中野より上位になる傾向が表れるのも理解しております。

ハイソなエリアだと、赤坂とか青山とか恵比寿とか代官山とか、こういった場所は非常に家賃が高いですが、人気のエリアで住みたい街ランキングにも入ってくる場所です。

ただ、非常に家賃が高いところでもあるので、現実的な面を考えると、私のランキングには入らない街です。

もし独り身でしたら代官山とか恵比寿とか1回でも住んでみたいなとは思うんですけど、結果的には住んだことがない街で、たまに遊びに行ったり、買い物をするくらいで十分かなと私は思ってしまいます。

非常に個人的見解の多いランキングを紹介しましたが、「住めば都」という言葉があるように、やっぱり住んでいるとその街がいいという風になりがちですよね。

多くのお客さまとお話して、どのような物件がいいですかと聞くと、やっぱり住んだことがあって、馴染みがあるエリアがいいという方がほとんどです。

ただ我々プロの不動産屋からすると、そこのエリア以外にもいいところは実際いっぱいあって、個人の趣味、趣向に合わせていろんな街を巡ってみると、自分にピッタリだなと思える街が見つかるでしょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。