目標を達成できる人できない人、その違いを教えます!│清藤久議の転売コラム

こんにちは。清藤です。

桜もすっかりと散り、気温も暖かくなってきましたね。

相変わらずメディアでは、コロナで暗いニュースが多く流れていますが、綺麗な桜が咲いているのを見ると、気分が良くなり新しいことにチャレンジしたくなります。

チャレンジで言うと、私は毎年自分の中で新しい目標を立てています。

そこで今回は、私の転売ビジネスにおける昔と今の目標と、目標を達成するために必要なことについてお伝えしていきます。

私の転売ビジネスにおける昔の目標

目標

私が副業として転売ビジネスを始めた時は「転売で失敗してしまったらどうしよう…」と非常に不安でした。

そのため、万が一転売で失敗しても、できるだけ損失を出さないように、始めの頃は少額の商品を扱うように心がけました。

そうやって転売を続けていく中で、様々な試行錯誤を行い、気が付けばノウハウもかなり蓄積され、その結果、より単価の高い商品をどんどん増やしていけるようになりました。

今思えば、転売の世界に入るのは遅かったのですが、一般の転売業者と比べても、私の毎日は1日1日が非常に濃厚なものでした。

なぜかと言えば、通常の転売時に必ず発生する商品選び、仕入れ、梱包、配送といった面倒な作業をこなしながら、そういった面倒な作業を「いかに効率化するか?」という仕組み作りも平行して行っていたからです。

この「転売ビジネスをいかに効率化するか?」というのが、私が昔掲げていた目標です。

今ではそんな日々の努力もあって、転売作業の効率化に成功、昔のように多く時間を転売作業に費やす必要もなくなりました。

私の今年の目標について

計画

転売ビジネスを効率化させることに成功した私の今年の目標は「取扱商品の拡充と売上アップ」です。

転売で利益が出せる商品は非常に多岐に渡り「商品A→商品B→商品C・・・etc」といった具合に、どんどん取扱商品を増やして売上を一層伸ばしたいと考えています。

転売ビジネスの良いところは、商品が数えきれないほど無数に存在し、決して尽きることがない点です。

それも加味して、売上目標も大きく設定しています。
(具体的な数字は誰でも見られるネットに公開すべきではないと思いますので伏せさせて頂きます)

この売上目標は、達成するのが非常に困難な数値を設定していますが、これまでの私のノウハウと徹底した転売効率化、商品数の拡充を行えば、達成できる確信しています!

目標を達成できる人とできない人の違い

違い

私が目標を設定する上で、大切にしていることは「漠然とした目標では無く、数字としてしっかり落とし込んでそれに向けて努力すること」です。

目標を達成させるためには、ただ「今年は昨年より頑張る」ではなく「今年は昨年同時期の月収よりも***%アップさせる!」と数値を明確化しなければいけません。

そして、そのためにどんな取り組みをすればいいのかを考える必要があります。

このポイントをしっかりと考えず行動すると、昨年と同程度の利益しか生み出せません。

さらに大きな利益を目指したいのであれば、昨年を振り返り、どんな点を改善して活動すれば、より大きな利益を手にできるのか、しっかりと考えましょう。

しかし私のこれまでの経験上、目標は立ててもここまで考えて行動をする人は少ない印象です。

「①目標を立てる」→「②(それに向けて)行動する」

目標を達成できる人、できない人の差は、ここまでがセットで考えられているかどうかです。

もしもあなたが本気で、自分の掲げる目標を達成したいと思うのであれば、そのために必要な行動はなんなのか、それをまずは考えてみてくださいね!

では、最後までご覧頂きありがとうございました。

アセットキューブ公式コミュニティ