2021年は転売の年!今こそ始めるべき理由│清藤久議の転売コラム

2021年は転売の年!今こそ始めるべき理由

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

昨年はコロナが世界的に大流行し医療・経済ともに甚大な被害をもたらしました。

それに伴い生活様式が一変した事を感じられた方もかなり多いのではないでしょうか。

そして、今回は年明け一回目の投稿となるので、2021年の転売業界がどうなるのかを予想してみました。

2021年の転売業界はどうなるのか?

2021年の転売業界はどうなるのか?

私の予想では、良くも悪くもコロナの影響で転売業界全体としての売上(流通額)は、高確率で2020年よりも増加すると予想しています。

その理由は、一部の業種を除けば、会社に出社して仕事をしなくとも、ZOOMなどを活用する事で、自宅に居ながら仕事を行える人が増えるためです。

初めはリモートワークに対して、不安を持っていたかもしれませんが、結果問題なく日々の業務を行えると、多くの方が実感したはず。

たった1年という短い期間で、人々の「働き方」の概念は変わってしまったんです。

自宅にいる時間が長くなれば、店舗に買い物に行く人が減って、ネットで購入する人の数が、さらにぐっと増えることでしょう。

たとえ、ネットで売られている商品が多少割高であったとしても、「外に出てコロナに感染するくらいなら、ネットで転売屋さんから商品を購入した方が良い」と考える人も増えてくると思います。

こういった理由から、転売業界全体としての売り上げはほぼ高確率で増加すると思います。

ただ、異業種(ホテル・観光・飲食・・・)からの新規参入も増えてくると思います。
なぜなら、転売自体は誰でも簡単に始められるからです。

新規参入の人たちは、最初は不用品販売から始める人が多いはずです。
慣れてきたら転売にシフトするが増えてくるのではと、私は考えています。

今年も好調に思える転売業界ですが、次は「今年起こるであろう変化」について、お話ししたいと思います。

2021年、転売業界は二極化する⁉

2021年、転売業界は二極化する⁉

新型コロナウィルスの感染拡大によって、様々な業種が苦境に立たされていますが、転売業界にとってコロナは追い風だと思います。(物流事業だけは懸念点なのですが・・・・。)

そんなコロナ渦において、転売業者の「二極化」が大きく進むと思います。

その内訳は、

  1. かなり大きく稼げる方
  2. あまり稼げない方

悲しいことですが、この二極化になってしまうのではと考えています。

では、この差は何か?

答えは「(生きた)ノウハウ」です。

当然の話ではありますが、ネットで検索してヒットするブログや動画などでは、核心は公開されていません。

なぜならそのノウハウを使って自分で転売した方が稼げる訳ですから、公開するワケがありませんよね。

生きたノウハウがあれば、売ること自体は簡単です。

売上を増やしたい場合、商材(商品)を増やすことで、比例して売り上げもどんどん増えていきます。

一方で、時間には限りがあります。

注文がボコスカと入る状態になった人同士は、+α(効率化の仕組み)でさらに差が開いていきます。

コロナの影響でネガティブな報道が多くメディアでは流れています。
ただ、コロナ情勢に文句を言っていても何も変わりません。

私個人としては、転売業界については一層盛り上がると思います。

現状を良い方向に変えたい方は、愚痴る前にまずは行動してみましょう。
何もしないのが一番のリスクです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。