サヤ取り実績|11月19日~12月2日

サヤ取り実績紹介20201119~20201208

こんにちは、池田です。

私が実際に行ったサヤ取りの実績をお見せしていきたいと思います。

それでは早速ご覧ください。

取引実績

実績

以上が、11月19日~12月2日の間に手仕舞いした銘柄ペアと、新たに仕掛けをした銘柄ペアになります。

期間 手仕舞い15ペア 仕掛け中25ペア
20201119-20201202 +173,100円 -247,500円

サヤ取り」という投資法は、サヤチャートを参考に単調な売買を繰り返すだけで、勝ちを積み重ねることができる投資法です。

投資に、「一攫千金の夢」や「スリル」を求めるのではなく、「安全確実に」「資産を増やす」という安定した資産運用を求める投資家向けの投資法です。

特に、こんな人に「サヤ取り」はオススメです。

  • 株価が気になって、日中仕事に手が付かない(仕事や育児に専念したい)
  • ギャンブルみたいに、売買のたびにいちいちドキドキするのがイヤ
  • 勝ったり負けたりの取引きで、一喜一憂したくない
  • テクニカル分析したり、企業情報を集めたりするのが面倒
  • テクニカル分析の解釈は、結局後付けの理論のような気がする
  • コツコツ稼いでいても、たった1回の暴落で一気に利益が消えてしまう
  • 長期投資で、最終的に大きな資産を作りたい
  • 投資するからには、損をしたくない
  • 他人と同じ方法や情報に従って売買しても勝てないと思う

買いだけの片張り投資を続けていたら、いずれ限界がやってきます。

急激な市況変化や下落相場になっても対応できる投資法の実践と技術の習得がなければ、どれだけ情報収集・分析に時間とお金をかけて努力したとしても報われません。

相場(株価)というものは、自分の思惑とは違った動きをするものだという事を念頭に置き、市場に翻弄されない投資法を身につけなければなりません。

「サヤ取り」という裁定取引に辿り着いた方は、おそらく、片張りのリスクを十分に理解している人達ではないでしょうか。

「サヤ取り」を行なうことで、株式のギャンブル的な投資から抜け出せることができます。

ギャンブルには、再現性がありません。

今回勝てたとしても、次回は全くわかりません。

投資スタンスには千差万別ありますが、リターンの追求もさることながら、リスク管理にウエイトを置くことが大切だと思います。

数万円の利益を軽視する人はサヤ取りには興味は示さないでしょう。

しかし相場を読むのではなく、上下どちらに動いても収益獲得の機会があることに優位性を感じる方、メンタル管理から解放されたい方は興味を持たれたと思います。

将来の値動きを予測することがいかに難しいことか・・・はっきり言って誰にもわかりません。

相場に影響を受けない、リスクヘッジが効いたサヤ取りは大変有効な手段だと思います。

“再現性”と“平常心”で運用できるローリスクなサヤ取りを、分散投資の1つとしてご利用頂くことで、皆様の貴重な時間を有効活用し、経済的にも精神的にもさらに豊かな人生を築いて頂くための一助になれば幸いです。

今回も取引の一部をチャートでご紹介しますので、参考にして頂ければ幸いです。

【6301コマツ×6902デンソー】+43,100円

一定のレンジ内で安定した動きをしている、サヤチャートの綺麗なペアです。

取引画面

【4612日本ぺH×3064モノタロ】+236,000円

先月も取った、再現性の高いペアです。
短期でサヤが収斂し、大きな利益となりました。

取引画面

株式市場は、過剰流動性相場を背景に、実体経済とかけ離れた異常な状態ですが、サヤ取り投資で、粘り強く運用して参ります。


友だち追加

▼LINE ID: