今後の投資との向き合い方【前編】│トレーダーから投資家へのステップアップ

今後の投資との向き合い方【前編】│トレーダーから投資家へのステップアップ

池田和弘の資産形成チャンネルです。

本日は投資に対してどう向き合うべきかについてお話をしたいと思います。

これから投資を始める初心者の方、もしくはすでに投資をされていて運用をしている中級者、上級者の方それぞれに対してもお話しをしていきたいと思います。

日本と世界の現状

日本と世界の現状

まず、日本のコロナという状況を見たとき、中にはだいぶ落ち着いて良くなったと思われる方も多くいらっしゃるかもしれません。

ただ、世界中のコロナの状況を見る必要があります。

それによるとコロナはあまり落ち着いていないというのが、世界的を見たときの現在の状況です。

日本はワクチン接種も出遅れたもののだいぶ進んできましたので、高いワクチン接種率にもなりましたし、マスクをしたり手洗いうがいをしたりということが比較的できる国民性なので、現在のように感染は日本国内では落ち着いています。

2021年に起きたような爆発的な感染は2022年では、起きにくいのかなと個人的には思っているのですけども、世界でいうとピークは過ぎたものの、大きな波というのは収まっていない状況で、グーグルなどで世界の感染者数を調べたときの統計グラフを見ますと、まだこれから年明けぐらいにかけてさらなる感染が広がる、そういった状況ではあります。

経済の注目ポイント

経済の注目ポイント

コロナというものに関してはまだまだ投資の世界では警戒すべき事項であり、ガソリンを始めとして、かなり物価が上がっている、インフレが進んでいる状況であります。

なので「withコロナ」と言われるそういう状況を常に頭の中に置いて、そしてインフレ対策をどう各国の政府が対応していくのか、ここが一つの今後のポイントになってくると思います。

あくまで一投資家として世界の経済と、インフレ、そしてコロナという状況を見たときに、
2022年23年24年、この2~3年の間は、決して明るい経済状況を想像できないかなと個人的には思っています。

特に今はスタグフレーションと呼ばれるインフレと景気の停滞。

この2つが合わさった造語、スタグフレーションという現象が今起きつつあります。

このスタグフレーションが起きると、どういうことが起きるかというと、本来であれば景気が低迷しているわけではなくて好景気で景気が伸びているからこそ物価が上がるというのが
本来の正しい状況なのですが、現在景気は低迷しているのに、急速にインフレが進んでしまって高止まりしている状況にあります。

これは様々な需要と供給のバランスが整っていないような状況です。

例えばコロナで縮小した工場、もしくは離職した人たちが工場に戻ってこない、そんな受給が追いつかない状況の中で、世界的には活動が再開している国、消費が進んでいる国があるので、需要と供給のバランスが取れず、物価が上がってしまうのです。

そのアンバランスな状況が、いま過度なインフレと、そしてまだ世界的には経済、活動が戻り切っていない、景気が低迷している状況下でインフレが進んでしまっています。

投資家として一番大切なこと

投資家として一番大切なこと

この状況下において今後どういう状況が起きるかというと、今こんな状況下にも関わらず、
実はアメリカのS&P500やナスダックというのは高い水準にあります。

まだ下落するにはもう少し時間がかかると思いますが、個人的には来年、再来年あたりはあまり良い状況にはなっていないと思います。

そこで、投資家として重要なのは、自分なりの分析をした結果、例えばこのように投資環境としては良くないという状況が来ると見込んだ場合、どうすべきかだと思います。

株価の展望

株価の展望

株価というのは過去の歴史を見た場合、リーマンショックのような大きな経済ショックがあったとしても、長期で見た場合は単なる1つの調整にしか見えないくらい動いていません。

つまり、長期的に見ると必ず株価は上がっています。

インフレが進んでも、世界的に長期で見ると物価というのは上昇していきます。
例えば、1円、1ドルというお金の価値がだんだん落ちていっているような状況です。

つまりこれは、現金で置いていくよりも必ず金融商品として、株価のようなもので持っているほうが長期的に見たら必ず価値が上がる、資産が目べりしないということを意味します。

ですのでこういった状況下で直近ベースで見たら景気が低迷し、過度のインフレが進んだことで、これを正そうとアメリカのFRBを始めとした中央銀行などの行政が何かしらの経済政策をする。

行政などが何かしらの経済政策をすると、それが株価に悪影響を及ぼして一時的に株価が下がってしまうことが今後あるかもしれません。

ただ長期的にみると、それも1つの調整事案ぐらいなので、まず初心者のかたは、少なくても構いので、もし株式投資などをしたいのであれば始めるというものは決して僕自身は否定しませんし、一刻も早く自分の金融資産を作るために、運用というものを始めた方が良いと個人的には思います。

ただ、例えば資金を100万円持っていた場合、この話を聞いて、今日、明日、今年中にでも
100万円を全部金融商品に変えてしまうのが良いかというとそうではないと思います。

なぜなら先程申し上げた通り、直近、近い将来で言うと大きなリスクというものがあると予想されるからです。

キャッシュポジションを持つ

キャッシュポジションを持つ

過去のリーマンショックのような大きな経済危機が起きるのか、最近の話で言うとコロナショックぐらいの形で、一時的に落ちるけどもすぐ回復するのかでいうと、どういうパターンのものが起きるかわかりません。

しかし、少なくとも何らかのいわゆる調整と言われるくらいの経済危機は起きると思います。

それに伴って世界中の金融商品のあらゆるものが一旦下落するという時代は、近々来ると思っています。

ですので、その場合みなさんとしてどうすべきかというと個人的にはですね、キャッシュポジションを持つ。

これが一番の形だと思います。

キャッシュポジションを持つとはどういう事かといいますと、現金を持っておくということです。

まとめ

まとめ

ここまでお話した中で言うと、投資をした方が良いよと言っている一方で、現金を持っていた方が良いよなどお伝えしたので、矛盾している事を言っているように聞こえるかもしれません。

ですが、ただ良くご理解いただきたいのは、投資は始めた方が良いです。

必ず経済的な危機が来るかどうか、株価などをはじめとした金融商品の下落が来るかどうか分からないわけです。

分からない以上は、来ない時の事も考えてやるべきですし、下落の場面がきた場合のことを考えるべきです。

もっと言うと、下落局面があったとしても、今の株価よりも数年後、5年後、10年後なのか分かりませんが、今の平均株価水準より高い水準に来る時代というのが来るでしょう。

つまり長期的に見れば、目の前で多少下落したとしても、その間しっかりと継続的に積み立てなどをしておけば、金融資産というものは必ず増えるという事です。

ほとんどの人が、例えば100の資金を倍にする為に最短時間でいきたいと思うんですけど、(これは投資の中級者でも上級者でも同じことを思っていると思います。)予言者でもなければ、相場を操る超能力者でもないのでそんな思い通りに行かないわけです。

なので、必ず長期的に物事を考えて行うというものが投資の醍醐味であり、これまで僕がお話してきた、投資というものは長期的に見なければいけません。

そういった意味でも現時点では今後恐らく、経済危機や何らかのショックのようなものは
来そうな気がします。

次回は、下落局面が着た場合の投資との向き合い方についてお伝えしたいと思います。