アフェリエイトとは?メリット・デメリットをまとめてわかりやすく解説

アフィリエイト

アフィリエイトとは、メーカーなどの依頼主とユーザーをネットメディアでつなぎ、ユーザーを依頼主に紹介することで広告報酬を得る「広告業」一つになります。

「副業」として考えた場合、月5万~10万を目標にすると、アフリエイトであれば実現できる可能性が高く、Webサイトひとつで収益を上げられるため、他の業務に比べると初期投資も少なくて済むし、自分の時間を束縛されることも無く、自分の趣味や嗜好、能力、才能の延長線上での努力が可能となります。

副業としてアフィリエイトはとても有意義なビジネスに違いないのですが、何を行うにしても、お金を稼げるようになるまでにはいくつかのハードルが存在します。

そのハードルを理解したうえで取り組む必要があります。

そこで先ずは、アフィリエイトの仕組みから説明していきたいと思います。

アフィリエイトとは

アフィリエイト

アフィリエイトとは成果報酬型広告で、成果が出たら広告費が支払われるというシステムになります。

  1. 自分が作成したWebサイト(ブログやホームページ)に広告主である企業の商品・サービスを紹介する。
  2. 広告対象の商品やサービスのURLを貼っておく。
  3. 視聴者、読者がそのURLから企業のページに行って購入する。
  4. 購入が発生した場合、あなたに紹介料が入る。

という仕組みです。

今までの広告のビジネスモデルは買い切りモデルと言われるもので、電車の中吊り広告、新聞、看板をイメージして頂くとわかると思いますが、その広告を掲載する場所を一定期間買い切って広告を出すというものでした。

これらの広告のデメリットとして、成果がよくわからないという点がありました。

これらの広告を行ったことではたして商品が売れたのか、それとも売れなかったのかがわからない。
また、広告の費用対効果が導き出せなかったのです。

しかし、アフィリエイトが出現したおかげで、この概念が変わってしまいました。

アフィリエイトは非常に合理的な仕組みです。
広告主は成果が出たときだけお金を払えばいいのです。

ネットの使い方の成長とともにアフィリエイト業界も伸びており、システムもほぼ確立されています。
国内のアフィリエイト市場規模はこの10年昨対比110%以上で伸びており、2020年度は3000億円以上のマーケットになっています。

しかしアフィリエイトに興味を持ち、アフィリエイトをやってみようと思う方は、まずアフィリエイトの仕組みを理解した上ではじめた方が良いでしょう。
全体の構図を理解することによって、自分の立場「アフィリエイターとは何か」が分かり、何をしなくてはいけないのか?がより理解できると思います。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイト

アフィリエイトは「広告主」「ASP」「アフィリエイター」「ユーザー」の4つの関係で成り立っています。

「広告主」

自社の商品やサービスを販売したい企業、メーカーなどのことをいう。

「ASP」

アフィリエイト・サービス・プロバイダーのことをいう。

広告主とアフィリエイターを結ぶ仲介業者で、ほとんどの場合ネット内でのプラットフォームという形で存在しています。

「アフィリエイター(紹介者)」

自身のWebサイトで商品、広告を紹介する人の事をさします。
(※副業においてはこのアフィリエイターを目指します。)

「ユーザー」

アフィリエイターがWebサイトで紹介した商品を購入する人達のことをさします。

ユーザーが商品を購入することで、広告主(企業)、ASP、アフリエイターに報酬が分配されます。

アフィリエイトで紹介可能なジャンルは多岐にわたっており、誰でも知っている様な大企業から、小規模のメーカーまで様々です。
化粧品、健康食品、飲食、アパレル、金融、求人、インターネット関連などなど、これなら自分もできるかもと思える商品やサービスがきっとあると思います。

では実際にどうやってアフィリエイトを始めればいいのでしょか。
次はアフィリエイトのやり方について見ていきましょう。

アフィリエイトのやり方について

アフィリエイト

アフェリエイトの始め方は、大きく分けて3つの工程があります。

①広告宣伝するためのメディアをWeb上に持つ

メディアとはWebサイト、ブログやSNSのアカウントをさします。
その他にも、YouTubeやインスタグラムといったSNSアカウントをもつアフェリエイターもいます。

②「ASP」に登録して審査を受ける

ASPには様々な広告案件が掲載されています。

代表的なASPは下記の通りです。

A8.net(エーハチネット)

日本最大のASP、広告案件、登録サイトナンバーワン、入会時の審査が無く、初心者がアフィリエイトを始めるのにおススメです。
管理画面もユーザビリティーが良いという特徴があります。

バリューコマース

日本最古の老舗ASPで大手企業・大手EC案件が豊富です。
業界ナンバー2ということもあり、入会時の審査は必要ですがハードルは高くありません。

Yahoo!JAPANとも提携をしています。

アクセストレード

老舗ASPの一角を担う大手ASPで、規模は上記2社に比べるとやや小さいですが報酬の振込手数料が無料です。

ジャネット

株式会社アドウェイズが運営する国内大手のASPで、金融系に強い特徴があります。
後発ならではの高単価報酬や便利機能があり、管理画面の使いやすさが魅力です。

アフリエイトB

中堅ながらも案件数は老舗ASPに迫る勢いで、メジャー広告からマイナー広告まで幅広い商材があります。
また美容系、健康食品のジャンルに強く、報酬の振込手数料が無料で支払いサイクルが早いです。

主要な広告ジャンルは下記の通りになります。

  • 美容:化粧品、エステサロン、サプリメント、健康食品
  • 健康:健康器具、スポーツグッズ、サプリメント
  • 飲食:お店の予約、飲食通販、定期宅配サービス
  • ファッション:アパレル通販、アクセサリー
  • 旅行:航空券、ホテル予約、国内ツアー、海外ツアー
  • インターネット関連:レンタルサーバー・ドメイン、Wi-Fi、動画配信サービス
  • 金融:証券会社、クレジットカード、FX、銀行口座、

報酬額・報酬フィーはプログラムごとに設定されているので、ASPに登録してASPで広告主と提携します。

③紹介できそうなプログラム(案件)を選ぶ

売れそうな商品か、自分のメディアに合っているか、報酬はいくらか。
などの視点で選定していきましょう。

選び出した商品の広告主と提携できれば専用のURL(アフリエイトリンク)が発行されるので、それを自分のメディアに張り付ければ完了です。

アフィリエイトがどのようなものか、実際的に始めるまでのポイントを見てきました。
次にアフリエイトのメリット、デメリットを見ていきましょう。

アフィリエイトのメリット

アフィリエイト

アフィリエイトのメリットは下記の通りになります。

  • 資金がさほどかからず、始められるハードルが低い。
  • 場所と時間に拘束されない。
  • 利益率が高いビジネスといえる。
  • 未経験からでも始められる。
  • 年齢に関係なく始められる。

資金がさほどかからず、始められるハードルが低い

ブログタイプの記事をどんどんUPしていくスタイルのアフィリエイトを行う場合でも、初期投資と維持費で3~5万円(年間)あれば十分に足ります。
初期費用だけなら1万円以下で準備可能です。

また、自身のSNS(フェイスブック、インスタなど)の場合はほぼ初期投資なしではじめられます。
ASPを選ぶと審査も必要なく、参入壁も低いです。

場所と時間に束縛されない

パソコンとインターネットに接続できる環境があれば、どこでも作業が可能です。

特定の場所や固定の作業機器が必要ではないので、仕事をする時間帯、仕事をする場所を自由に決められます。
サラリーマンの方が副業で行う事も出き、主婦が在宅時の空き時間を見つけて行う事も可能です。

利益率が高いビジネス

アフィリエイトは利益率が非常に高いビジネスと言えます。
売り上げがほぼ利益になる仕組みだからです。

なかなかこのような利益率のビジネスはありません。
また、記事を一度書くとそれはこの先もずっとWeb上にあるので、自分が何をしていようと収益が発生していくという魅力があります。

未経験からでも始められる

実際的にアフィリエイトに必要なWebスキルは実践し始めてからでも十分に習得が可能です。
ITにあまり詳しくない方はWebメディアを使っての情報発信なので、高レベルなWeb知識、Webスキルが必要なのではと気になると思いますが、高度なWebスキルは必要ありません。

システム、仕組みも確立されていますので心配する必要はないでしょう。
誰でも未経験から実践でき、正しく地道に行えば稼げるようになります。

ちなみに本名などの個人情報を公開する必要もありませんし、顔出しをしなくても大丈夫なので危険性は全く無いです。

年齢に関係なく始められる

上記の未経験でも始められるに加えて、アフィリエイトは年齢に関係なく始められます。

中には年齢を気にして、「私は50歳を過ぎているのだけどできるでしょうか?」
などの質問をされる方もいるのですがアフィリエイトは年齢によるマイナス要素はありません。

ユーザー(視聴者)が興味を持つのは「悩み解決や欲求の達成に対するもの」なので、そのような事はある程度人生経験が豊富な年代の方が有利ともいえるかもしれません。

次にデメリットも確認しておきましょう。

アフィリエイトのデメリット

アフィリエイト

アフィリエイトのデメリットは下記の通りになります。

  • 成果が出るまでに時間がかかる。
  • アフィリエイト収益は不安定であり、一気に収益が下がる可能性もある。
  • 過大広告になる場合がある。

成果が出るまでに時間がかかる

アフィリエイトで成果を出す、ある程度の収入が得られるようになるまでには時間がかかります。

始めて一週間や1ヶ月そこらで結果がでるものではありません。
稼げるようになるためには、これまで自分の自由に使っていた時間、休んでいた時間を作業に当てる必要があるでしょう。

初心者の場合、半年続けてようやく数千円の報酬を得る事ができたという人も多くいます。
多くの人はこれで挫折してしまう事が多いのです。

一般的には一年以内に90%の人が途中でやめてしまうともいわれています。
アフィリエイトは経験値が無くても始められますが、実際に成果を出そうと思うと、ユーザーに価値を与えるWeb構築を心掛けなくてはいけません。

自身のWebメディアにアクセスを集めるには、「悩みを解決するもの」や「欲求を達成するもの」など、ユーザーに価値を与える中身を作っていく必要があります。

諦めずに記事を書き続け、自分にも力を付け、ロングテールアクセスを狙うのが一番よいでしょう。
最低でも3ヶ月から半年はかかると思って、毎日の作業をコツコツと続けて下さい。

アフィリエイト収益は不安定であり、一気に収益が下がる可能性もある

アフィリエイト収益は不安定であり、ある日一気に収益が下がるリスクがあります。

理由は少し専門的な話になるのですが、

  • Googleのアルゴリズム変動による検索順位の急落
  • 競合サイトの躍進による検索順位の下落
  • 広告プログラムの廃止・報酬削減

という点があげられます。

Googleのアルゴリズム変動

Googleでは頻繁に検索順位を変動させるロジック・処理(アルゴリズムアップデート)が行われています。
そのため突然検索結果が変化し、今まで検索順位が上位に位置しているサイトでもあるとき急に順位が下がったりすることがあります。

過大広告になる場合がある

例を挙げると、アフィリエイトサイトのなかには「一週間飲むだけで5キロ痩せた!」というようなダイエット用健康食品が存在しているように、報酬を得るため過剰に効果効能を煽っているケースも見受けられます。

それをユーザーが信じてしまい、購入、試食した結果「全くのウソじゃないか!痩せないよ!」とクレームをつける可能性があります。

このようなケースで炎上し、商品イメージ自体が悪化してしまう場合も考えられます。

まとめ

アフィリエイト
アフィリエイトはメリット、デメリットそれぞれありますが、Web知識、経験値も必要なく、年齢も関係なく、小額投資で開始が可能、在庫仕入れ、広告費用なども掛からずに大きなお金を稼げるチャンスのあるビジネスには違いありません。

このような参入ハードルの低い副業は、アフィリエイト以外には無いでしょう。

アフィリエイトである程度の金を稼ぐことができるまでには正しい知識をつけ、正しいやり方で行う事が必要で、何よりもコツコツと地道な作業を続けていくことが肝心です。

しかし、これは何を行う際でも同じことです。
アフィリエイトはチャレンジしても損はない副業ビジネスだと思います。