FXにおける資産運用とは?FXを始めるために必要な全知識

FXにおける資産運用

FX(外国為替証拠金取引)は最も利益を生み出せる資産運用の一つです。

しかし、リターンが見込めるものにはリスクはつきもので、FXの知識がないと大きなお金を失う可能性もあります。

当記事では、FXで利益を狙うために必要となる知識から始め方までわかりやすく解説していきます。

FXとは

チャート

FX(外国為替証拠金取引)とは、2つの通貨を売買していく資産運用方法です。

一定の証拠金(自己資金)を金融機関に預けて、2つの通貨を売買することで、その為替差益で利益を得ていく方法です。

わかりやすく説明しますと、円高ドル安の時にドルを買っておいて、それを円安ドル高になったときに売ることで、その差益を利益として得ることができるのです。

売買する通貨のペアは、必ずしも円である必要はなく、ドルとユーロなどの外貨同士の組み合わせも可能です。

さらに、手数料が安く1万円程度の少額からでも始められる、平日なら24時間いつでも取引できる、という特性があり、元手を気にせず自分の都合の良い時間を活用できるので、忙しい人にも運用しやすいということが、FXが人気のある要因ともなっています。

注意点として、運用によっては元本割れを起こす可能性や、やり方を間違えるとすべての資金をロスしてしまう場合もあります。

基本的には為替の動きなので、世界の政治・経済・天候など様々な要因に影響されやすいという面も忘れてはいけません。

FXと株、不動産投資との大きな違い

FXは株や不動産と違い、世の中の状況がどのように変化しても、資産を増やせる強みがあります。

例えば、リーマンショックを思い出してほしいのですが、世界的な金融恐慌に襲われた場合、株や不動産は一気に下がりました。

もし、この時点で株、不動産を保有していたとすると、資産は価格が下落した分、目減りすることになります。

一方、FXでは、2つの通貨を売買することで、その為替差益で利益を得ていく手法となるので、投資対象通貨が上がった場合でも(買い→売り)、下がった場合でも(売り→買い)、相場の動きを見誤りさえしなければ、安定的に利益を上げていくことができます。

これがFXでの資産運用の醍醐味と言えます。

このようにFXは、誰でも始められる資産運用の一つですが、始める前に先ず心掛けて欲しいことがあります。

それは「どういう仕組みで利益が生まれるのか」を正しく理解するという事です。

どうすれば「きちんと利益が出るのか?」という事を理解してから始めるのと、理解しないままに始めてしまうのでは大きな差が出てきます。

またFXの特徴である、『レバレッジ』について正しく学んでおくことで、大きな利益を生み出す方法、リスクを回避する方法も把握できるようになります。

FXの仕組み

FXの仕組み、始め方

FXは2つの通貨で行う

FXの取引では、2つの通貨を取引することになります。

例えば、日本円を使ってアメリカのドルを購入するといった取引を行います。

また、日本円以外にもさまざまな通貨を使って取引することができます。

この時に使う2つの通貨を「通貨ペア」と呼びます。

通貨の交換比率は常に変動する

2つの異なる通貨には、それぞれ「交換比率」があります。

それを「外国為替相場」もしくは「為替レート」といいます。

円やドルなど通貨間の交換比率は、需要と供給の関係で決まり、需給関係が変動すれば為替相場は変動します。

「1ドルが105円から104円に下がった」とか、「ドル安=円高」になった、というニュースをよく耳にすると思いますが、円やドルなど通貨間の交換比率は、需要と供給の関係で決まります
このように、「常に変動する」という為替の特性を活かし、売買によりその価格差益を得ることがFXの目的ということになります。

FX取引で利益が発生するのは、以下の3つのパターンです。

  • 安く買って高く売る場合
  • 高く売って安く買う場合
  • スワップポイント

それぞれを説明します。

安く買って高く売る場合

FX取引で利益が発生するのは、通貨を安く買い、値上がりしたときに売却した場合。

例えば、1ドルが100円のときに購入し、1ドルが110円へ値上がりしたときに売却した場合、「10円の利益」が発生することになります。

このとき、10万円分のドルを購入していたとすると、利益は1万円になります。

高く売って安く買う場合

FX取引で利益が発生するもう1つのパターンが、通貨を高く売り、値下がりしたときに購入した場合。

これは「空売り」と呼ばれるもので、「通貨を借りてきて売る」という行為です。

例えば、1ドルが130円のときに空売りし、1ドルが110円に値下がりしたときに通貨を買い戻した場合、差額の20円が利益となります。

もし、10万円分のドルを空売りしていたなら、利益は2万円になります。

空売りができれば、為替相場の上昇時でも下落時でも利益を生み出すことができるので、FXを始める場合は空売りについて理解しておくことが大切です。

スワップポイント

FXではもう1つ利益が発生するパターンがあります。

それが、スワップポイントです。

スワップポイントとは、2つの通貨を交換する際に発生する「金利の差」のことを指します。

FX取引を行うと異なる2つの国の通貨の交換を行うと同時に金利の交換が行われます。

各国の金利は異なる為、その差額を調整する必要があり、その金利差調整額がスワップポイントです。

低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで、スワップポイントを受け取る事ができます。

例えば、豪ドル/円を1万ドル買い(1豪ドル80円)、金利差が2.15%だった場合、1日約47円のスワップポイントを受け取ることができます。

1年保有すると約17,200円になり、FXの魅力のひとつです。

レバレッジ

FXの最大の特長は、担保となる手元の資金(取引保証金)に「レバレッジ」をかけて、何倍もの金額の外貨を取引できることです。

普通なら、10万円の資金(取引保証金) であれば10万円分の取引しかできないのですが、10倍のレバレッジを使うと、取引できる金額が10万円の10倍、つまり100万円となります。

レバレッジをかけると、手元の資金(取引保証金)の何倍もの金額を取引できるのです。

これがレバレッジの特長です。

レバレッジをかけた分、そこから得られる利益も多くなるという事です。

レバレッジをかけて、少ない元手で大きなお金を動かせば、利益も大きくなりますが、逆に受ける損失も大きくなります。

実効レバレッジ10なら、利益は10倍、でも損も10倍。

つまり、レバレッジはハイリスク・ハイリターンな手法となります。

FXを行う方法

FXを行う方法

FX初心者が取引を始めるには、パソコンやスマートフォン、本人確認書類としてマイナンバーカードや身分証明書が必要になります。

このほかFX取引所の口座、トレードの資金を準備しなくてはいけません。

FXを始めるのに必要なモノ

  • FXの基礎知識
  • PC/スマートフォン
  • 取引所の口座
  • 通貨売買の資金

FX取引所の口座

FXを始めるには「取引をする口座」が必要です(※銀行や金融機関の口座ではなく、FX会社の「取引口座」を指します)。

FXの取引業者はネットで検索してみたらわかるのですが、非常に多くの取引所(業者)が存在します。

FXの基礎知識を得ることもかねて、いろいろな業者のサイトを見ることをお勧めします。

自分が良いと感じたFX業者を選び、口座開設の手続きを行ってください。

FXの口座開設に必要な書類

以下、FXの口座開設に必要な書類をまとめてみました。

  • 本人確認のための身分証

運転免許証のほか、住民台帳基本カード、健康保険証、パスポート、住民票の写し、印鑑登録証明書、マイナンバーカード(個人番号カード)のうちいずれか一通が必要です。

通貨売買の資金

FXを始めるにあたり、他の投資と同様、資金が必要です。

まずは余裕金を準備し、開設したFX口座に入金を行ってください。

FXは生活資金ではなく、必ず「余裕金」で行ってください。

生活資金で運用をされたい方は、ある程度FXトレードがどのようなものであるか理解と経験値が深まり、ある程度「通貨売買の資金」が貯まってから行う事をお勧めします。

生活資金から運用してしまうと、資金が目減りした時や、FXで負けが続いた時に「生活が成り立たなく」なるので大変危険です。

安全にFX売買を続けるためにも、FX業者への預け入れ金は「余裕金」に限定すること。

また、FX業者への証拠金率にも十分余裕を持って、トレードに臨んでください。

FXで得た利益の申告方法

給与所得者の方は年20万円以上の利益、世帯主の扶養にある方(学生や専業主婦)は年38万円以上の利益があれば「確定申告」によって所得の申告が必要です。

個人事業主・経営者の方は、「確定申告」の際、FXで得た利益を申告すれば大丈夫です。

FXが向いている人とは

FXは少額から始められ、知識さえ付けることで成果も見込めますので、初心者から上級者まで幅広い層におすすめです。

FXはレバレッジという仕組みによって、ハイリスクハイリターンの投資に分類されますが、それも運用方法次第と言えます。

というのも、元手がゼロになってしまったという話も耳にしますが、その多くが過剰なロットで取引をしてしまったり、しっかりと資産管理ができていないことが大きな要因とされています。

FXを始めるにあたっては、事前にある程度の知識は持っておき、最初のトレードは小資金から、徐々に増やして慣れていくことで、将来的に安定した利益を狙うことができるでしょう。

まとめ

FX(外国為替証拠金取引)は他の運用商品、株や不動産、ファンド、保険とは随分と手法の違う運用方法になります。

なんと言っても自分の裁量でトレードを行うのですから。

その分魅力もありますし、資産が増えていく際のうれしさも格別のものです。

時間単位、日にち単位という短いスパンでの運用もできるので、短期的な資産拡大も現実的に可能となります。

その反面、知識なくトレードをすると資金を失ってしまうリスクが付きまとい、失敗するケースも後を絶ちません。

世間ではFX取引はハイリスク・ハイリターンの投機的な投資方法だと思われがちなのですが、本質的な所を突き詰めていくと、ローリスク・ハイリターンにもなり得る手法なのです。

為替の動きは様々な事情により変化しますが、自分の勝ちパターンを見つけることにより、安定的に運用益を上げている人も少なからず存在します。

自分の力で資産を増やしてみよう!という気持ちの強い方には、お勧めの資産運用です。