教育費を投資で準備するのはアリかナシか?【前編】

教育費 投資 準備

こんにちは。My Money Coach代表 高野具子です。

「投資を身近に!」をモットーに、分かりやすくイメージしながらお伝えしています。

子ども1人が幼稚園(保育園)、小学校から中学、高校、大学と進学するためには1,000万円かかると言われています。では、その資金をどのように準備したらよいのでしょうか。前編では実際に掛かる金額を確認し、後編で本題の「投資で準備」するのはどうなのか解説します。

公立か私立進学か、進学先で大きく変わる教育費

公立と私立進学では当然、教育費が大きく変わるのは誰もが把握していると思いますが、どんぶり勘定ではなく実際にいくら違うのか、ここでチェックしておきましょう。

1.すべて公立に進学した場合

文部科学省『平成30年度子供の学習費調査の結果について』によると、小学校から大学まですべて公立に進学した場合1,078万円が掛かり、まさしく子どもの教育費には「1,000万円かかる」と言われる所以とも言えます。中でもとりわけ大きく掛かるのはやはり大学費用。国公立でも536.9万円と高額です。

2.高校から私立~私立文系大学に進学した場合

高校の私立進学費用は3年間で290.4万円掛かります。一方、公立は137.2万円ですからその差は153.2万円で、年間にすると約50万円がさらに上乗せされます。

私立文系大学に4年間通った場合の進学費用は703.5万円。国公立との差は166.6万円で、年間にすると約55万円、私立文系の方が多く掛かります。

幼稚園からのトータル額は、1,338万円となり、1.のすべて公立に進学した場合と比べ、260万円増えます。

3.中学から私立~私立文系大学に進学した場合

中高一貫教育をする私立学校は昔から多く、高校からの入学を受け付けていなかったり、募集していても定員が少なかったりと高校から私立に行くのはハードルが高いケースもみられます。もし「私立のこの学校に行かせたい・行きたい」と志望する場合、中学から私立に進学することを視野に入れる必要があります。

私立中学の進学費用は421.7万円と、公立の146.2万円と比べ、その差は275.5万円となり、年間では約91万円とかなり費用負担が大きくなります。

幼稚園からのトータル額は、1,491万円となり、1.のすべて公立に進学した場合と比べ、413万円増えます。

以下の表がこれまでお伝えしてきた費用を一覧にしたものです。頭では分かっていても、このように数字で表すと改めて大きな金額が掛かることが把握できると思います。

子供 学費 一覧

文部科学省『平成30年度子供の学習費調査の結果について』、日本政策金融公庫 令和2年度「教育費負担の実態調査結果」より筆者作成(単位:万円)

この教育費をどのように準備したらよいのか、保険?投資?はたまた…??次回、解説します。