投資に成功する人・しない人の明らかな違い│トレーダーから投資家へのステップアップ

投資に成功する人・しない人の明らかな違い

こんにちは、池田和弘です。

今回の資産形成チャンネルは「投資に成功する人・しない人の明らかな違い」というテーマでお届けしていきます。

投資に成功する人としない人の違い

握手

これを読んでいただいているあなたの周りでも、投資で成功している人、成功していない人がいらっしゃると思います。

しかし、両者の明確な違いというのは、はっきりしていないのではないでしょうか。

細かいことを言い出すとキリがないのですが、私がこれまで見てきた多くの投資家の特徴から明らかな違いを一つお話すると、「継続力があるか・ないか」というところで「成功するか・しないか」が分かれると考えています。

投資において目指すべき一つのところというのは、前回もお話した、目標設定に対するゴールまでの道のりですので、そのゴールに向けて、いかに継続的に投資を行っていくかというところが重要なポイントになってきます。

なぜ続けられないのか

考える人

投資が継続できなくなる状況として一つ考えられるのが、資金がなくなってしまうということ。

これはFXなどでもそうですが、資金が溶けてしまうとトレードができなくなってしまうため、その後トレードが続けられなくなるというのは、当然ながらあると思います。

つまりこれは、物理的に投資が継続できなくなるということですね。

ただ、ここで考えていただきたいのは、FXであれ、投資であれ、それに使った資金というのはおそらくあなたが働いて稼いだものや、何か副業で得た利益などをコツコツと貯金して、生まれたお金を使ったということだと思います。

つまり、この「物理的に資金がなくなってしまったから投資が継続できなくなった」もしくは「FXのトレードが継続できなくなった」ということは実は起こりえない話なのです。

極端な話ですが、また何年かかけて、その資金を貯めることができたならば投資を再開できるわけですからね。

ただ、それをせずにやめてしまうという方はすでに”心が折れてしまっている”のです。

「FXトレードはもう嫌だ」とか、「〇〇投資はもうやらない」などといったように諦めてしまうということですね。

この諦めてしまうことに関しては、精神論だけでどうにかなるものではありません。

これも極論ですが、100万円貯めるのに10年かかった方が、100万円を失って、もう10年かけて100万円貯めるのというのは現実的な話ではありませんよね。(人間には寿命がありますし・・・)

ですので、基本的に投資を継続していくために必要なのはまず心が折れないように、テクニカルにメンタルを保つことです。

これは根性論ではなく、日頃からの考え方であったりとか、そういった自分の精神的なコントロールのことです。

例えば、普段お勤めの方や、起業されている方であれば日々いろんな困難に直面すると思いますが、そういった中でも心が折れないように頑張っていらっしゃると思います。

ただそれも単純な根性論ではなく、ご自身の中で目標を掲げてそれに向かって進んでいるからこそ、心が折れずに頑張れているのではないでしょうか。

サラリーマンの方でいえば、「部長になりたい」「役員になりたい」ということで入社当時から目標に向かって頑張っていたり、もしくは起業されている方であれば、「会社をこの規模まで大きくしたい」などの目標設定の中で、自分をしっかりとコントロールしていると思います。

これは投資においても同じで、目標設定をして、投資を継続していくためにも、万が一失敗した時に心が折れないように、自分が立ち帰れる位置(考え方)をしっかりと持つということが重要なのです。

資金の割り振り方を考える

天秤

前項で、心が折れなければ、投資を続けていくことができるとお伝えしましたが、もちろん、資金を無くさないということも重要なポイントではあります。

資金が無くなってしまうと投資を継続しにくくなってしまいますし、もう一度再生するまでに時間がかかってしまうので、資金が全部なくならないために、投資の配分をしていくことが大切です。

例えば、投資資金の1/10を振り分けたり、もしくはリスクに合わせて分散をしていくなど。そういったテクニカルな考え方ですね。

ただ、まず最初に考えなければいけないのは、投資はリスクがゼロではないということ。

ゼロではないということは、万が一起きうるリスクに対しての事前の準備や、その資金がなくなった時に、あとは残りのこの資金で別のことをして取り返そう、などといったことも考えなくてはなりませんので、この点も踏まえて資金の配分をしっかりと考えていくと、投資を継続することができます。

最後に

投資を継続していくと何が起こるかというと経験値がたまり、人脈ができ、そして自分として、あるべき投資スタイルが確立されていきます。

そうすると、いつかは大きな当たりを引くことができるんですね。

世の中で投資成功している方の多くが長年にわたり投資をしています。

1年や2年という短期スパンで何十億という資産を形成する方は誰ひとりいらっしゃいません。

ということは、少なくとも数年は継続的に投資を行う必要があります。

その中には当然ながら失敗する案件も出てきます。

そういったときのための精神的な考え方、そして、先ほど申し上げた物理的に資金を失わないというテクニカル的な考え方。

この2つを合わせ持つことによって継続力が生まれますので、これをしっかりと覚えて成功する人側を目指していきましょう。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

次回も楽しみにしていてください。