富裕層になれる人に共通した特徴とは│トレーダーから投資家へのステップアップ

富裕層になれる人に共通した特徴とは

こんにちは、池田和弘です。

本日は富裕層になれる人の特徴についてお話ししたいと思います。

漠然と「富裕層」という言葉に対して憧れを持つ人も多いと思いますが、実際にそう呼ばれるのは全体の割合で言うとごく一部です。

そんなごく一部の人というのは他の人と何が違うんだろう、とあなたも思ったことはありませんか?

僕は、富裕層となる人達の共通点というか特徴というのがあると思っていまして、そこについてお話しできればと思います。

「富裕層」とは何なのか

「富裕層」とは何なのか

そもそも富裕層とは、どんな人たちのことを指すのかというお話から始めていきますね。

一般的な定義としては「資産何億以上持っている」という条件が挙げられますが、仮に富裕層を目指すとしても、明確な定義は気にしなくていい、というのが私の考えです。

というのも、皆さんが憧れるのは「富裕層」と呼ばれるだけの資産額そのものというよりは、自由なお金があってそして自由な生活を送れるという点だと思います。

もう少し詳しく言うと、プライベートも仕事も含めた自分の人生を、お金の事を気にせず、自分の意志でコントロールできるといったところですよね。

そのため、自分はある程度お金を持っていて、好きな車や家を自由に選んで買えるとか、海外旅行に自由に年間何回も行ける、みたいな自分なりに成功できたと感じるレベルに達することができれば、それは「富裕層」になれたと言ってもいいのではないかと思うわけです。

これが私の思う「富裕層」です。

では、この「富裕層」になれるのはどんな人なのか、というお話に移っていきましょう。

結論から先に言うと、富裕層や成功者と言われるような人は、人柄や思考、人物像のような部分で共通点があります。

例を挙げてみると分かりやすいので、近頃のコロナウイルスのニュースで考えてみましょう。

連日テレビ番組などでは、感染者が増えてきたとか第二波が来るといったニュースが流れていますよね。

考えようによっては、色んな常識が変わり、今後は新しい時代が訪れるターニングポイントにもなりえると思うのですが、取り上げられるのはネガティブな内容ばかり。

これはなぜかと言えば、ネガティブな内容のほうが視聴率が取れるからです。

結局世の中に発信されている情報の多くが、視聴率を取るためとか、収益を得るために考えられたものというわけです。

こういった、策略だらけの情報に流されて自身もネガティブな感情を持ってしまう人というのは、残念ながら富裕層や成功者になる人とは真逆の性質を持っているかなと思います。

僕の周りの会社経営者とか投資家とか、いわゆる富裕層に該当するような方というのは、そういった作り上げられた情報に誘導されることなく、ゴールデンウィークが終わったころにはみなさんポジティブなほうに思考を切り替えていましたね。

もう起きてしまったことをいつまでもネガティブに考えても仕方がないから、資産形成やビジネスのポートフォリオを”これから”どうしていくのかという方向にシフトチェンジしたわけです。

このことからも分かるように、いわゆる富裕層になれる方というのは、ポジティブな思考を持っていますし、それを自ら心がけている方が多いですね。

ポジティブな思考は投資でも役立つ!

ポジティブな思考は投資でも役立つ!

切り替えが早くポジティブな思考を持っている人が成功できる、というのは投資においてもそうですね。

例えばある案件で損失を抱えることになってしまった、という時。

それが大きな案件で同じように投資をしていた人がいた場合に、ツイッターやSNSに被害者団体を作って、そこで抗議活動などを続けるという事例もしばしば見られます。

確かに、この行動によって損失を取り返せる可能性はゼロではないのですが、そこに対して時間をかけるくらいなら切り替えて次に行ったほうが早い、と考えるのが成功者や富裕層の思考だと思います。

もちろん取り返せるものは取り返したい、という気持ちになるのは自然なことですし、富裕層と言えどその感情がゼロというわけではないでしょうが、マイナスな事態に陥った時や失敗したとしても、次に取る行動が非常に早い、ここが重要です。

なので、訴訟をするとか、弁護士を立てるとか、そういった行動も早いですが、駄目だった時の諦めも早いというわけです。

しかしここでひとつお伝えしたいのは、「諦めが早い」といっても、これは性格だけに由来するものではないということです。

というのも、すぐに切り替えられる人というのは、たいていポートフォリオを組んでいるからこそ、ひとつの案件の結果だけに左右されることなく冷静な判断ができるんです。

失敗する方の典型例というのが、ひとつの案件に気持ちも資金も集中投下してしまい、一度失敗するとそれに固執して次に移れないという方です。

もし資金量などの問題でひとつの案件に集中せざるを得ないという方でも、万が一失敗してしまったら、仕方ないから次に行く、という思考の方が結果的に利益につながるということを、ぜひ覚えておいてもらえたらと思います。

「富裕層」になるために心がけるべきはこの2つ!

「富裕層」になるために心がけるべきはこの2つ!

成功者や富裕層に入れる人というのは、一言で言うと「ポジティブ」で基本は後ろを振り返らない。振り返ったとしてもそれをずっと続けることはしない、というのが大きな特徴かなと思います。

また、それ以外の特徴としては、「素直」であるということも挙げられると思います。

得意分野や固定概念というのはそれぞれありますが、富裕層になれる人というのは、初めて知ることや専門外の情報に直面した時の対応が一般の方とは全然違って、それまで触れてこなかったことに対しても非常に素直に受け入れて吸収しようとするんですね。

少し長くなってしまいましたが、富裕層になれる人というのは、

  • ポジティブな思考で前を見続けて進む
  • 自分の知らないことでも素直に吸収していく

この2つの特徴を持っているということが言えるでしょう。

人の性格というのはそれぞれですし、人格ごと変えるということを目指さなくてもいいですが、上記の2つというのは心がけで変えられることです。

なので、ぜひ参考にしていただき、あなたが理想とする「富裕層」の生活を実現していただけたらなと思います。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。