ウィズコロナ時代を生き抜くための極意│トレーダーから投資家へのステップアップ

ウィズコロナ時代を生き抜くための極意

池田和弘の資産形成チャンネルです。
本日はウィズコロナ時代を生き抜くための極意についてお話ししたいと思います。

今後予想される海外の動き

今後予想される海外の動き

一時期に比べると、コロナウイルスに対する向き合い方も、徐々にわかってきましたね。

とは言え専門家ですら、コロナウイルスの影響が今後どうなっていくのか予測しきれていませんし、本当に正しい対策というのも見えていない状況です。

そんな中だからこそ、世界がどう動いていくのかを知ることは重要です。

例えば、アメリカは財政拠出を無制限に行うと発表しています。

トランプ大統領は割と極端な政策をする傾向があるので、おそらく紙幣を大量に刷り「バラマキ」を行うと思います。

これは、次期大統領選挙に向けての動き、そしてパフォーマンスということも含めて、トランプ大統領は経済の状況を無視し、目の前の政策にフォーカスするスタンスをとるだろうと私は考えています。

なので、「バラマキ政策」は実施される可能性が高いでしょう。

日本も実は、世論の声に押される形で、アメリカと同じようにバラマキ政策をやっていくと思います。

やはり紙幣がジャブジャブと流通していくという事は、世界的に見ても経済に打撃を与えるものになると思うんですね。

今後もコロナウイルスはなくならないと思いますので、私たち一般の人間は、ワクチンができるまでの数年の間「どう生き抜くか」ということが、やはりキーポイントになるだろうと思っています。

ウィズコロナ時代を生き抜くために必要なものとは

ウィズコロナ時代を生き抜くために必要なものとは

第2波・第3波のコロナショックに不安を抱えながら、みなさん日々生活をしてると思いますが、産業を含めたビジネスの世界でも同じことが起きています。

ビジネスにおいて気にされているという事は、コロナ時代に合った投資というものが色々出てくると予想できるんです。

コロナによって実はこれまで必要とされていたものが、必要でなくなったり、不要と思っていたものが、実は必要だったという形で、根本的な概念そのものが変わってくる時代が、もうすぐやってくると思うんですね。

オンラインでのあらゆるサービスがいい例です。

商談はオンラインでできてしまうし、オフィスに出社せずとも、在宅で業務が回ってしまうと気づいたIT企業も多くあると思います。

これからどんどん新しい考え方や働き方がでてくる今だから、改めて意識してほしいことは、「情報」はやはり重要だということです。

マスコミが報道するようなことというのは、少しバイアスがかかってるというか、マスコミが視聴率を取るために有利な情報のみを発信しているものなので、そこを鵜呑みにしてはいけないですね。

本当に重要なのは「生の情報」。

本当に現場にいる方であったりとか、ビジネスの最前線にいる方とか、あらゆる投資案件を熟知している方々、そういった方々の情報が必要になってくるんだと思います。

旧ソビエトが崩壊した時代、大恐慌があった時代、そしてGHQの時代。

過去の歴史を振り返って考えても、世界的に大きな危機があったときに、必ず飛躍している一部の人たちがいます。

この人たちはなぜ飛躍できたのかというと、世の中に溢れているマスコミなどが放っている情報ではなくて、ごく一部の人にしか出回らない最新の情報を手にして、大きく飛躍したんです。

つまり、ウィズコロナの時代を生き抜くためには、情報をいち早くキャッチできる環境にいる方々が、生き残っていくと思うんですね。

もちろん私の運営しているビリオネア・ダイヤモンドクラブ(以下、BDC)では、そういったお話はしますが、もしこの記事をご覧のあなたが、BDCの会員様ではないのなら、私のように色々な情報を持っている人たちと、より多くつながっていくことを意識していくことが大切です。

私は個人的に、今の時代は100年に1度の大チャンスだと思っています。

もちろんコロナショックが起きたからという話ではなく、起きてしまったからこそ、それを利用する、それをポジティブに捉えて動くということを、心がけないといけません。

そうすることで、大きな資産を築くきっかけになると思いますし、それがウィズコロナの時代を生き抜くための、投資家が持つべき知恵であり手段だと思います。

ぜひ今回の記事を参考にしていただければと思います。