増税後の買い物はむしろお得!?│増田和彦の毎日を贅沢にする副業コラム!

ポイント活用術

こんにちは、増田です。

この記事では「増税後のポイント活用術」についてお話ししていきます。

増税後のポイントの貯め方

ポイント活用術
マイレージ/ポイントと副業という言葉を一度はみなさんも聞いたことがあると思います。
最近「ポイント」がとても話題ですよね。

というのもご存じのとおり、2019年10月より消費税が10%へと増税されました。

この増税に合わせて、国がクレジットカードなどのキャッシュレス決済を利用した消費者に対し、購入額の5% or 2%分をポイントやキャッシュバックで還元する施策を打ち出してきました。

増税は2%(しかも食料品等は8%据え置き)なのにもかかわらず、ポイント還元は5% or 2%ということなので、実は増税後の方がお得にお買い物できちゃったりするんですね!

具体的には、「キャッシュレス・消費者還元事業者」としての登録が済んでいるお店で、クレジットカードや電子マネー等のキャッシュレス決済で買い物をすると、5% or 2%がポイントとして還元(その場で値引き、または後日キャッシュバック)されます。

主な還元率は下の通りとなっています。

  • 5%:中小小売、飲食、宿泊など
  • 2%:コンビニ、外食、ガソリンスタンドなどの大手系列のチェーン店
  • 還元なし:百貨店など大企業や病院、住宅など一部の除外業種

まだ詳細は未定ではありますが、今のところ、クレジットカード等1枚につき、上限は月額15,000円となっています。

つまり、還元率が5%の場合だと月額30万円の買い物をすると15,000円分の還元が受けられるということですね。

しかも、1人複数枚もOKだそうです。

この施策は9ヶ月間続きますので、例えば20枚クレジットカードを持っていると、

20枚 × 15,000円 × 9か月 = 2,700,000円!!!

なんと、270万円分のポイントをゲットできるということになります。

ポイントというものは「コツコツ貯めて行く」というイメージを持っている人が多いかと思いますが、こういったキャンペーンを利用すると信じられないくらいポイントが貯まったりします。

でも、ちょっと待ってください!

上記の270万円のケースは、毎月20枚のクレジットカードで、それぞれ30万円・・・つまり毎月600万円分の支払いにクレジットカードを使った場合の例ということになります。

「そんなにクレジットカードを使うわけ無い!」

と思われましたか?

そうですね、普通の人ならそうかもしれません。

しかし、毎月600万円とまでいかずとも、普段の生活費(家賃、食費、携帯代など)の支払いをすべてクレジットカードにするだけでも、十分にその恩恵を受けることができます。

人が一生で使うと言われているお金は、少なく見積もって1億円です。

単純計算にはなりますが、それらの支払いをすべてクレジットカード払いにするだけで、100万円分のポイントになります。

1つ1つの金額は少なくても生涯単位で考えてみると、これほど大きな利益を生むことができますので、ぜひみなさんもポイントを意識した生活をしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。