コロナを経験して変化した働き方について考える│増田和彦の毎日を贅沢にする副業コラム!

こんにちは。増田和彦です。

今回は、「コロナの影響で変わった働き方や会社の選び方」についてお話ししていきます。

コロナの影響で変わった働き方


コロナの影響で、世界経済が深刻なダメージを負いました。

特に飲食業界や旅行業界は、本当に目も当てられないくらい悲惨な状況で、なんとか今を耐え忍んでいる方が多いと思います。

コロナに限らず、こういった予想できない、回避できない理由で減給されたり、職を失ったりするのは、個人の努力ではどうやっても避けることができませんよね。

そういった、もしもの時に備えてやっておくと良いのが「副業」です。

「副業」に取り組んで、本業以外の収入の柱を持っておく。

そうすることで、万が一コロナのような避けられない事態で本業の収入がなくなっても、生活を維持することができます。

コロナ以前は、就職する会社を選ぶ時に「副業OK」という条件で探す人はそんなに多くなかったと思いますが、現在は、「副業OK」という条件は譲れない、という人も増えているのではないでしょうか。

また、この他にもコロナの影響で会社の選び方も変わってきました。

例えば「テレワーク」なんかも良い例ですね。

テレワークが導入された会社が増えているという報道がありますが、その実態はまだまだ不十分なところも多く、テレワークに必要な設備が足りない、そもそも業種・職種的にテレワークができない場合もあります。

今後、会社を選ぶ条件として「テレワーク可能」を挙げる人も増えてくるんじゃないかと思っています。

もし、転職するとしたら


この記事を書きながら、「もし、私が何らかの理由で転職することになったら、どのような条件で探すかな?」とふと思い立って譲れない条件を3つ書き出してみました。

今、転職を考えている方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

1.副業OK・・・やはりは絶対に譲れない条件ですね。

2.テレワークができる業種、職種・・・これも外せませんね。

3.専門のスキルが身につけられる業界・・・やはりこれからは「個人が稼ぐ能力を持つこと」がとても大事になってくるので、これも重要視します。

今と違う会社に転職したとしても、そこで得られたスキルを副業に活かし、収入の柱を複数作って、コロナのような予想できない事態にも対応できるポートフォリオを作るだろう、と思いました。

ここまで、私の意見を綴ってきましたが、あなたはコロナという未曾有の災害を経験して、会社に求めることは変わったでしょうか?

ぜひ今回の記事を参考に、一度自分事として考えてみてくださいね。

アセットキューブ公式コミュニティ