要注意!転売をする上で絶対におさえておくべきルール│増田和彦の毎日を贅沢にする副業コラム!

こんにちは。増田和彦です。

このコラムでは、「転売」×「マイル」×「ポイント」情報局ということで、転売とマイルポイントを絡めて副業をやっていきましょうというお話しをさせていただいています。

するとたまに、

「転売って違法じゃないんですか?」
「転売はやってもいいの?悪い事なんじゃないの?」

という質問をいただくことがあります。

本日はこの点についてご説明していきたいと思います。

転売は合法的なビジネス

結論からいいますと、

”転売は違法ではありません”

「転売」は立派な商行為(ビジネス)です。

安く買って高く売る、という行為なので、街の本屋さんや八百屋さん、スーパーなどもみんな「転売」をやっているわけです。

転売を禁止する法律はありませんし、日本国憲法では”職業選択の自由”が保証されているので、基本的には自由に転売できます。

しかし、一般の方の中には「転売=違法行為」と認識している方もいます。
だから冒頭でもご紹介したような質問をいただくのかなと思います。

「転売をやっているのは、イメージがあまりよく無い」
「違法とまではいかなくても、グレーゾーンの行為をやっている」

と思われがちなのも、事実でしょう。

なぜかというと、「転売」自体は特に法律違反ではありませんが、実際に転売をおこなう場合、転売のやり方や転売の対象となる商品や動機によっては、法律違反や規約違反になる可能性があるからです。

その例をいくつかご説明しますね。

禁止されている商品を転売する場合

  • チケット転売(いわゆるダフ屋)
  • 偽物ブランド品の転売
  • 危険物等の転売(以前、ウランをフリマアプリで売ってた人がいましたね・・・)
  • 著作権を侵害するようなものを売った場合(違法コピー品等)

といったように法律で禁止されているものを販売することは、当然ダメですよね。

古物(中古)を販売する場合

利益目的で定期的に古物を販売する場合は古物許可証が必要となります。
この許可を取らずに転売をすると違法となってしまいます。

販売サイトの規約に違反する場合

法律的には問題はありませんが、
規約違反となるためサイト利用の停止等のペナルティ受けます。

身近な話しで言うと、メルカリでは”無在庫販売”つまり、手元に無いものを出品し、売れてから調達して発送、という方法が禁止されています。

こういった無在庫転売が禁止されているサイトで無在庫転売をやってしまうと、規約違反ということでアカウント停止等のペナルティを受けてしまいます。

他にも、販売サイトで出品が禁止されている商品を出品してしまう場合も同様です。

例えば、ヤフオクでは商品券等の金券類の出品は認められていますので問題ありませんが、メルカリでは金券類は禁止されています。

上記のようにいくつかのルールがありますが、しっかりとそのルールを守って転売をおこなっていれば転売は合法ですし、何の問題もないビジネスなので、みなさんも安心して取り組んでみてください。