マイルの賢い活用術!特典航空券で、おトクに旅をしよう!│増田和彦の毎日を贅沢にする副業コラム!

マイルの賢い活用術!特典航空券で、おトクに旅をしよう!

こんにちは。増田和彦です。

本日は、副業で稼いだマイルを使って予約した航空券、「特典航空券」についてお話したいと思います。

特典航空券とは

特典航空券とは
マイルを貯めて航空券に交換することになりますが、実はマイルと交換する航空券は、普通にお金を出して購入する航空券とは別の種類になります。

航空券の「座席クラス」は以下のように分かれています。

  • エコノミークラス (表記はY)
  • プレミアムエコノミークラス (表記はPY)
  • ビジネスクラス (表記はC)
  • ファーストクラス (表記はF)

しかし、実はこれ以外にも、「ブッキングクラス(予約クラス)」と呼ばれる種別があります。

例えばJALの場合ですと、エコノミークラス(座席クラスY)の中だけでも、

Y・B・H・K・M・L・V・S・O・G・R・Q・N

のように、細かくブッキングクラスが設定されており、それぞれのブッキングクラスごとに、マイルの積算率キャンセル時の扱い等のルールが異なっているのです。

特典航空券の場合も、エコノミークラスの場合は「T 」というブッキングクラスとなり、通常の航空券とはまた違ったルールが適用されるということになります。

そのルールの特徴をいくつかご紹介してみたいと思います。

特典航空券の隠れたメリット

特典航空券の隠れたメリット
実は特典航空券は、無料で(マイルで)予約する事ができる航空券であるにも関わらず、かなり自由度の高い、おトクなルールが設定されているのです。

今回は、国際線特典航空券を例にご説明させていただきます。

変更が無料

JALもANAも、特典航空券は有効期限内(1年~2年程度)であれば、空席があった際に、無料で何度でも変更が可能です。

格安航空券やLCCの航空券などは、一切変更ができないものも多いのですが、無料で変更できる特典航空券はとても便利ですね。

キャンセル料が安い

格安航空券やLCCの航空券などは、キャンセル料がとても高いことが多いですが、特典航空券のキャンセル料は格安です。

JALの場合は3000円、ANAの場合は3000マイルでキャンセルが可能です。
キャンセル料の負担が少ないため、気軽に予約できますね。

ただ、実際のところ、前述のように無料で日程変更ができるので、キャンセルするケースはあまり多くありません。

乗り継ぎや途中降機等の自由な旅程が組める

ANAの場合、例えば、シンガポールに行きたいときに直行便が満席だった場合、東京ーバンコクーシンガポールという旅程で予約することも可能です。

また、バンコクで滞在(24時間以上の滞在)も無料でできますので、2都市周遊といった旅程も組めます。

他にも、往路は東京→パリ、復路はロンドン→東京といった、オープンジョーと呼ばれる旅程の組み方も可能です。

格安航空券で上記のような旅程を取ろうとすると、値段が高くなってしまうケースが多いのですが、特典航空券の場合は追加料金無しで取ることができるので、旅行の幅が広がりますね。

もっと詳しく知りたいという方は、各航空会社のサイトで確認できるので、ぜひご覧になってくださいね。

まとめ

まとめ

最近、コロナウィルスの関係で旅行の予定を変更したりキャンセルされた方も多いと思います。

私も実際に予定していた旅行をキャンセルしました。

しかし、特典航空券で取っていたため、旅程を一旦先の日付に無料で変更して対応することができました。

各社がコロナウィルスへの特別対応を実施しているので、無料でキャンセルできるケースもありましたが、もし格安航空券で取っていた場合ならキャンセル料を払う必要があったかもしれません。

このように、特典航空券で予約することにより、変更キャンセルに柔軟に対応したり、乗り継ぎやオープンジョーという少し変わった旅程を組むことができたりと、旅行の自由度が上がりますので、ぜひ皆さんもマイルを貯めて旅行に行ってみてください。